青春ど真ん中!の小説。


大学生にorange daysとはかけ離れた生活を送っていた私としては
最初から最後まで眩しい青春スポ根小説でした。


image



チア男子!!!
集英社文庫
朝井リョウ 著



桐島、部活やめるってよ

があんまりピンとこなかったので、
なんとなく遠ざかっていた朝井リョウさんの小説。



未だに活躍の声を聞くから、さすがにもうちょっと読んでみようと思っただけだった。


まさかこんなにハマると思わなくて、
3時間くらいがっつり時間をとって読み込んでしまった。



最後のオチは予測できちゃうし、それ自体に何も悪気がなくて、
とにかく真っ直ぐ。


作者に対して青春なんてしてません、な、ちょっと暗めのイメージがあったからそれも意外だった。



三浦しをんさんの
「風が強く吹いている」に近い感じ。




前半の、体の鍛え方を教わっている描写がすごく細やかで、
チアに何が必要なのか、その理由がとても丁寧。

私も倒立練習しなきゃ!って気持ちになりました笑

 

読んで以来割としっかり柔軟しています。
へへへ