グルテンフリー生活7年目・ふり子のおまけ

グルテンフリー生活7年目の薬剤師。 20歳の時にアナフィラキシーショックで倒れ、「茶のしずく」石けんによる運動誘発性小麦アレルギーと診断を受ける。 グルテンフリー生活をもっと取り入れやすくするために活動中。

http://cugofu.com/home
グルテンフリー製品をもっと手軽に手に入れられることを目指し、薬剤師をやりながらオンラインショップを立ち上げました。
MC力を磨くべく自主ラジオも更新中。
グルテンフリー製品を作りたい等ブレストにも積極参加致します。
お仕事依頼おまちしております!→ infoアットcugofu.com

2017年08月


青春ど真ん中!の小説。


大学生にorange daysとはかけ離れた生活を送っていた私としては
最初から最後まで眩しい青春スポ根小説でした。


image



チア男子!!!
集英社文庫
朝井リョウ 著



桐島、部活やめるってよ

があんまりピンとこなかったので、
なんとなく遠ざかっていた朝井リョウさんの小説。



未だに活躍の声を聞くから、さすがにもうちょっと読んでみようと思っただけだった。


まさかこんなにハマると思わなくて、
3時間くらいがっつり時間をとって読み込んでしまった。



最後のオチは予測できちゃうし、それ自体に何も悪気がなくて、
とにかく真っ直ぐ。


作者に対して青春なんてしてません、な、ちょっと暗めのイメージがあったからそれも意外だった。



三浦しをんさんの
「風が強く吹いている」に近い感じ。




前半の、体の鍛え方を教わっている描写がすごく細やかで、
チアに何が必要なのか、その理由がとても丁寧。

私も倒立練習しなきゃ!って気持ちになりました笑

 

読んで以来割としっかり柔軟しています。
へへへ 


以前友人がFBで絶賛していた

フエルサ ブルータへ! 

image


もう入り口からして「日本人以外の人が捉える日本」 感たっぷりでした


image


シーズンごとにストーリーが違うらしく、今回が日本をイメージしたものだったそうで。


ざっくりいうと、「舞台装置が派手なクラブ」でした。


最初は予備知識ないから、
何が起きてるの!?
お行儀よく観てるだけじゃないのね!?
と気付いてから、ノリノリになるまでにみんな時間がかかっていたあたり、
日本人ぽいなーと思いました。笑



image
 

image


最初からそういうもんだと思って行っていたら、もっと楽しめただろうなーという
自分への反省も兼ねて、ここに書いておきます!


ずぶ濡れOK!
クラブで踊るぞ!くらいの勢いを推奨します◎
 ふふ。



 少し早めに夏休みをいただきまして

1泊2日で奥多摩へ。


image

誘われるがままに、という感じで参加したし、
誘ってくれた1人以外は全員初対面で総勢8人(男4,女4).



幸か不幸か、男2人が薬剤師だったため、
あーわかるはこの雰囲気ー
なつかしー


と思ったり。

私はいつも通り奇天烈な奴としてそこそこ仲良くしてもらえました◎

image


川に飛び込んだり、鍾乳洞行ったり。
夜中の人狼ゲームが一番盛り上がったような。


いかんせん2日間とも天気が悪かったので、2日目は振り切って東京サマーランドへ!笑



サマランは数え切れないほど行っていて、
最後に行ったのは大学のサークルメンバーだったのですが
やっぱり薬科は真面目すぎる!って、ビーチボールをした時に振り返って思いました。
 


ざっくり書くと

薬科→ふざけない。ビーチボールの連携回数を真剣に増やそうとして、最後には100まで到達する

今回→4人目あたりで乱打。10分後には別の趣旨でビーチボールで遊び始める



サマランが一番楽しかった。
ふふ

 

↑このページのトップヘ