グルテンフリー生活7年目・ふり子のおまけ

グルテンフリー生活7年目の薬剤師。 20歳の時にアナフィラキシーショックで倒れ、「茶のしずく」石けんによる運動誘発性小麦アレルギーと診断を受ける。 グルテンフリー生活をもっと取り入れやすくするために活動中。

http://cugofu.com/home
グルテンフリー製品をもっと手軽に手に入れられることを目指し、薬剤師をやりながらオンラインショップを立ち上げました。
MC力を磨くべく自主ラジオも更新中。
グルテンフリー製品を作りたい等ブレストにも積極参加致します。
お仕事依頼おまちしております!→ infoアットcugofu.com

2017年02月


本日、2月27日の日経新聞の夕刊。





患者の遺伝情報をもとに治療法を選択する、個別化医療テーマが夕刊といえど、トップ記事にきていました。


遺伝子からみる治療が医療者だけでなく、一般にも降りてきていると思うと面白いです。


まだまだ占いと言われてしまう遺伝情報や、それにまつわる検査だけれど、個人的には発展して欲しい分野です。



それにしても、私の勘違いじゃなければ、今月は最低週1で日経の夕刊一面に理系ネタが大きめに取り上げられている。


理系=研究職=コミュ障
の図式からもうちょっと外れて、
日の目を見てくれたら嬉しいなぁ。




白魚のバター焼き
エリンギ+黄パプリカのオリーブオイル炒め。味付けに少量のマスタード!


シンプルヘルシーごはん!
夜遅い夕飯は軽めにしておこう...と自制してます。甘いものは絶対食べるんだけど。


グルテンフリーはほんとヘルシー。食べ物ログ見るとしみじみそう思います。


↑このページのトップヘ