グルテンフリー生活7年目・ふり子のおまけ

グルテンフリー生活7年目の薬剤師。 20歳の時にアナフィラキシーショックで倒れ、「茶のしずく」石けんによる運動誘発性小麦アレルギーと診断を受ける。 グルテンフリー生活をもっと取り入れやすくするために活動中。

http://cugofu.com/home
グルテンフリー製品をもっと手軽に手に入れられることを目指し、薬剤師をやりながらオンラインショップを立ち上げました。
MC力を磨くべく自主ラジオも更新中。
グルテンフリー製品を作りたい等ブレストにも積極参加致します。
お仕事依頼おまちしております!→ infoアットcugofu.com

2016年11月



なんだこれは?
とつっこまれるコンテンツ・るいごのうまみラジオ
粛々と更新しております。
#ゆごラジ  で呟いて頂ければ見に行きます!



 第5回からゲストに来てくれていたまりなるが最終回の第8回。


img008



米麺サンジルシのグルテンフリー醤油を使ったパスタの感想から、
どのレシピを参考にすると失敗しないか?などを
楽しくおしゃべりしています。


是非是非聞いてください!!!
 



まったく期待せずに借りた

クラウドファンディングで資金調達!
小田恭央 著


引き込まれて一気読みしました。


何が良かったかって、徹底して読みやすく、成功させるには、に集中して書かれていた点。


クラウドファンディングって結局組織がやらなきゃ無理じゃんって思い始めてた私ですら、楽しそう、やってみたい気分になった。


こういう企画が通って、出版まで漕ぎ着けるんだなぁ。って思わずひとりで頷いてしまう。


クラウドファンディング成功経験者が語る、成功のためのハウツー本。


もし自分がこの先クラウドファンディングやるなら、絶対読み返したい本として、記事アップ。



mainvisual_20161121


大阪生まれ、大阪育ち、ナニワのエキセントリックガール矢井田瞳。

ぜんぜん隠してないけど、誰も気にしてない情報を再度出します。
るいご店長はヤイコこと矢井田瞳さんが大好き!!!!! 


そんなヤイコの出演する新CMが公開されたぁあああああ!!!!

 



以前米当番のCM出演時にもブログ書きましたが 
後日、当然このブログを読んでいない友人に
「ヤイコがCM出ててびっくりしたんだけど!あれファンとしてはどうなの?!」
とネガティブ前提で尋ねられましたが


むちゃくちゃ嬉しいです。


エステー担当者様ありがとう!ヤイコMy Loveなんて告白名前までつけて...!!



このエステーCM流している時にヤイコがタイに行ったって出してたから、
タイでの撮影編が出てくるのかと思ってたら、
全然違う角度のやつきた。

脱臭炭。





嬉しいけどさ、まじであのタイってなんだったの?わかってないの私だけ????
本気で誰か教えろください。




今回は3パターンで、
元モーニング娘。の高橋愛さんと一緒!


名前もシンプルに「愛とヤイコ」

ヤイコちゃんばっかりに目が行くかと思いきや、
しっかり愛さんも見てます。


一番グッときたのは 流しの下 編で、




流しの下にもいれよぉ〜〜〜♪

の部分で高橋愛さんが下に目線をやるシーン。


CMってカメラガン見、キメ顔が中心で、うっとりしたor疲れた顔の目線外しがたまにあるくらい...
なので、あえての目線下げって珍しいな、そんなシーンでもかわいくおさまるのって凄い!さすがアイドル!って感動したのが理由。 


アイドル全然興味なくて、追っかけてないのですが
かわいいのプロってすごいなーーーーーとあほ丸出しで今更感心してる。



弾き語り+ドラムで激しいダンスが全然違和感ないのってヤイコ好きな人だけ?
やっぱ通常の感覚から言うとおかしいのかな???


最後のハモリの声はやっぱり高橋愛さん?
良いーーー :)


前回の米当番30秒CMはエンドレスに4時間以上垂れ流していて気味悪がられたるいご店長。
3パターン繋げて45秒の今回はいかに....!!? 


*もちろんサインいりポスター応募しました。 

image




モテるための哲学

二村ヒトシ著



平成十年に出た単行本。
にもかかわらず図書館では現在予約件数が10件程度...
人気ある。本もだいぶ汚れてた(男ばっか読んでるんだろうな)


期待して開いたせいか
細かく辿りすぎていて最初読みづらさが気になったけど
徹底して自覚をもたらすことの大切さを投げかけていて

同じ土俵にそもそも乗れているのか?
の確認と食い違いから起こりうる悲劇はリアルで見につまされた...。

前半は自覚に対する投げかけ
後半が実践
で成り立っている本。


女性でも役立つ!と言われてるのはやはり後半部かなと思いつつ。
しっかり読了。
 


二村ヒトシさんと川崎貴子さんの本を読んだのは
現代ビジネスの連載 がきっかけ。
この連載が面白くて、ボリュームある分時間かかるのに全部読み切ってからは
もう完全にお二人の言葉のファン。


近年の二村さんの著書も読みたいなー 


image

LINE始めました






 

image



後半は一気読みでした。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上春樹 著



ノーベル文学賞をボブ・ディラン氏が欠席すると表明したニュースが話題ですが、
こちら毎年有力候補に名を連ねるが受賞ならずといじられるのが定番化している村上春樹氏の著書。



 タイトルが長い割に全く内容のイメージが湧かず「????」
と思ってなかなか手に取らなかった本作。
私は村上春樹さんの単行本が出ている長編は大体読んでいます。
ねじまき鳥クロニクルが好き。内容を今そんなに覚えてないのだけれど、すごく惹き込まれる作品だったという印象を覚えている。




タイトル通り色のない名前の
多崎つくる が主人公で
彼と名前に色を有する人たちのお話。

 
どの作品であったか覚えてないけれど、
過去作品と同様に、主人公の淫夢の話が出てくる。
冷静に分断しつつも、夢と虚言がぐしゃぐしゃに混ざりかける。


一番印象に残ったのは二重の淫夢がきっかけになっていた点。





夢だから好きな人と自由に交わる事にロマンを見出しているのかな。
なんかちょっとピュアな印象を受ける。



さて、淫夢というと必ず思い出す友人がいる。


彼の特技は
夢を自在に操れる
というもの。


彼は寝る前に好みの女の子を真剣にイメージして考えてから眠りにつく。
そうするとイメージ通りの子が自分の好き勝手になってくれるから
それはそれは楽しいらしい。(そりゃそうだろうな)
 
私が彼をすごい!と思ったのは
二度寝でも夢の続きが見れる
オプションがついているところ。途中で目が覚めても問題ないらしい。


今思い出してもやっぱりすごいな... 
低学歴に悩んでいたその彼、集中力の高さを有効活用できればいくらでも伸びるんじゃないかなと思ってしまう。
元気かなぁ。 

↑このページのトップヘ