グルテンフリー生活7年目・ふり子のおまけ

グルテンフリー生活7年目の薬剤師。 20歳の時にアナフィラキシーショックで倒れ、「茶のしずく」石けんによる運動誘発性小麦アレルギーと診断を受ける。 グルテンフリー生活をもっと取り入れやすくするために活動中。

http://cugofu.com/home
グルテンフリー製品をもっと手軽に手に入れられることを目指し、薬剤師をやりながらオンラインショップを立ち上げました。
MC力を磨くべく自主ラジオも更新中。
グルテンフリー製品を作りたい等ブレストにも積極参加致します。
お仕事依頼おまちしております!→ infoアットcugofu.com

2016年09月


今日はぜんぜん違うことを書くつもりだったのですが、
久しぶりに読んでいてドキドキする記事を見つけたので
好き勝手に書きます。


AIってやたら流行ってるけどなんなの?楽天とソネット・メディアに聞いてきた(CodeIQ Magazine) 


IMG_2376-1


*私も出品しているラクマ
でもAIが使われているよ!という紹介時の画像。
 


この記事では2人にインタビューをしているのですが、
私が一番気になったのは医療とAIについて言及していること。


ほんとそうなの!って頷いたり
化合物の活性化予測の話では創薬で人間が敵わないことの
利点:開発時間の短縮、コスト削減を考えたり。


ぐるぐるぐるーーーーーーーーーっと自分の知識から
想像を巡らすことができてとても興奮した。
やっぱり自分で考えるのは楽しくて、そのための基礎知識は絶対に必要。
そのための勉強って考えるとめちゃめちゃ楽しい筈なんだよね。



もうちょっと記事内容に言及すると


患者が自分でネットで調べてきて「私、これでは?」とやると
医者がムッとするシーンが多々あると思うんだけど
それによってごちゃごちゃすることよりも
ポジティブに述べられてる点には違和感を覚えたり。


でもでも薬学部よりも化学科から創薬に携わる人が増えている今、
今度は全く関係ない分野の人たちがそれ用のAIを作って
同等かそれ以上に成果を出すことはめちゃめちゃ興奮する。



結果さえ出せればどんなルートを辿るかなんて関係ない。



医療は歴史とやり方を重んじる傾向があるとガキなりに感じていて、
理由は社会保障が関わっている=国の財源を多くさいている
からかもしれないし、重鎮のおじさんたちのせいかもしれない。
答えはわからないけれど
「薬剤師ってたいして頭使う仕事してないように見えるのになんで給料いいの?」
という質問に対して
「国家資格を得るためにそこそこの時間とお金を使っているから」
以上の答えを提供できない新米薬剤師としては
資格さえ取っとけばどんなバカでもオッケー☆で崩壊をきたしている現場環境が
必要人員減少→在籍者への厚い手当が実現されるための機械導入が進むことを願ってやみません。
日本においては高齢者は増えるし。
忙しいよね、そりゃ。


*薬学界でも「大学の薬学部定員過剰論」派はいるそうです



都内某調剤薬局で働く私としては
人足りない!でも人件費高すぎ!って叫んで
無茶なシフト組んでぶん回してまともな人が消えていく
そんな現状がもう少しマシになると良いなぁって心から思うんです。
できなきゃ
国家資格=そこそこの給料
の図式すらいつか崩壊する。



ちなみに今は医療事務が必要ないような機械の開発が進んでいるそうです。


くるぞ、薬剤師にも。 

image


エリカ・アンギャルさんがグルテンフリーを勧めておられて、
本も出していて。


同じくミス・ユニバース関連で気になった本がこれ。
2007年発行なのでちょっと古めですが
当時大ヒットしただけのことはあるな、と思わせる本でした。


世界一の美女の作り方
イネス・アグロン


生きている時間の全てを美女になるために使うと言う思考。
歩き方とかだけじゃない。生き方全て。
しびれましたー! 



恵比寿のファミレスにて、そば粉に関わっている人とおしゃべりしてきました。


最初に二人して入った成城石井恵比寿店にて、賞味期限は、何が入ってるのか、パッケージにかかるコストは...とかブツブツ言いながら購入。
レジ終えて
「こんだけで2000円くらいした!たっか!!!」 
とか二人して言ってました。


image


小さいながらにグルテンフリーコーナーもありました。
が、写真に写っているこれらはそこにはなかったやつらです。
ちらほら売り場にいました。


嬉しい反面、グラノーラのスペースに負けてるグルテンフリーコーナーのサイズも気になってしまった。


グラノーラって夏しか食べないものだと思ってたので、涼しくなってきた9月末でもでっかくコーナー展開されてるのに驚く。
そんなに売れるのか...!???




さてさて。 
ファミレスでは
そば粉に関わっている人から見たグルテンフリー、ご本人のやりたいことと現状認知のギャップなどを聞かせてもらって、 小さいながらにECに携わっている者として好き勝手言わせてもらいました。


「2か月なの!?1年くらいやってると思ってた!!!!」
「2か月でこの品数は頑張ってる方だと思って見逃してください!!!」
 


ECについて聞かせて欲しいという名目で呼ばれていたので、ちょっと詐欺ってる気分になりました。 
たいした話できなくてごめんなさいね。


ECと実店舗のリンクはすごく大切だけど、アプローチ間違えたら実店舗に来る前の見込み客へのネガティブプロモーションになりかねない。
ECに絞らず製品普及についてのプロモーションの王道を行くべきか、
実店舗 →ネットショップ の流れに持って行きたいのか。
どういうファンを育てたいのか。


すでに実店舗を持っている人の考えはもちろん今持っている下地を踏まえるので
そうなるのか!と驚くことばかりでした。



ちなみに
自分でショップを始めてみて意外だった事実を伝えたら
「本当かぁ!?嘘つけぇ!!!!!」って言われました。
嘘はついてないです。私もびっくりしてるんだ。 



「本当かぁ!???」って思うことは多分つきもので、
それに対してどこまで自分の芯を通しつつ柔軟になれるか。
また試してみようと思える時間を過ごせました。感謝! 



「今ないもので、欲しいのある?」と尋ねられたので
いくつか挙げておきました。
作ってみるわーとのお言葉頂いたので、楽しみにしたいと思います。
へへっ

 

移転に伴ってエコールクリオロ 改め クリオロ 
に改名してました。
ECOLE CRIOLLO の中目黒店は2014年にずっとお世話になりました。
店員さんに顔を覚えられるレベル。
味の良さと値段がちょうど良いんだよ...!!!


高級チョコレートに5,000円くらいなら平気で払う感覚を持つ
チョコレートオタクな一面を持つるいごですが
この値段でこのクオリティの高さはクリオロだけだな、と思っています。

image




そんな大好きなクリオロがグルテンフリークッキーを出したとSNSで見つけ
買いに走りました。


image
 

あったー!
ご丁寧に同じく小麦不使用なマカロンラスクもお隣に。


image


小麦アレルギーになる前からマカロンは好きで、
アレルギーになってからはもっと好きになったマカロン。
あいつが卵白でできていることがよく知られるようになったのも今思うと感慨深い...。


ちなみにマカロンではピエール・エルメ推しです。
なんせ2010〜2012に販売アルバイトでお世話になっていたもので。

 
話を戻しまして、クリオロのグルテンフリークッキー。
本家のSNSで宣伝していないだけあって、まだ試作段階なのかな?
と思ってしまうクオリティでした。

ココナッツの風味が強いんです。
私がココナッツ苦手なだけかもしれないけど、サクサク感...求めているのはこれじゃない!!!と一人で悶えてしまいました。


image

 原材料気になる人どうぞー。

小麦粉の代用品としてココナッツとアーモンドプードルがメインの粉になっているようです。
日本でのグルテンフリーってほとんど米粉使用だからもちもち感(粘り気)を楽しむ仕様が多いけれど、クリオロのGFクッキーはそうじゃないから新鮮に感じました。


ただ、私るいごとしては本当に本当にクリオロのお菓子が好きなだけに、このクッキーでは残念。
期待値が高すぎたのかな..



結局サクサク感ならこっちでいいよ!とYUGOFUにあるクッキーをずっとかじりながら
今もこのブログを書いています。
 


とてもありがたいシェア頂きました


 14484936_1144583978913665_6411587497005518226_n




写真雑ですね。
友達がハイテンションで目の前で食べ終わった食器を無理やり片付けて撮ってました。
私の写真も撮ろうとしてくれたんだけど、「うまく撮れない!」とのことで早々に諦められました。
掲載もやめたレベルみたいです。
仕上がりは見ていません。こわ。



本当に独りきりではじめて、「寂しい!寂しい!寂しい!」だったのが
拙いながらに応援いっぱいもらって、少しですが関心も寄せてもらって
本当にしょっちゅう一人で感極まって涙ぐんでいます。



一瞬胸によぎる「アフィリエイト気分」
メーカーからの「営業させちゃってごめんね」

 
楽しくやらせてもらってるんだけど
やっぱり自分でやりたいこと、
私がやるべきこと
私個人でできること
なんだろうってモヤモヤする 



目下の改善点は「自分のFacebookフィードでもYUGOFUのことを書く」です。
最初の1つを投下できれば問題ないんだろうけど
その一歩の出し方に悩みっぱなし。


前述の彼の投稿は、私の背中を押してくれているんだろうなぁ。

↑このページのトップヘ