グルテンフリー生活7年目・ふり子のおまけ

グルテンフリー生活7年目の薬剤師。 20歳の時にアナフィラキシーショックで倒れ、「茶のしずく」石けんによる運動誘発性小麦アレルギーと診断を受ける。 グルテンフリー生活をもっと取り入れやすくするために活動中。

http://cugofu.com/home
グルテンフリー製品をもっと手軽に手に入れられることを目指し、薬剤師をやりながらオンラインショップを立ち上げました。
MC力を磨くべく自主ラジオも更新中。
グルテンフリー製品を作りたい等ブレストにも積極参加致します。
お仕事依頼おまちしております!→ infoアットcugofu.com

2016年08月

ニューフェイスで、どんどん好反応を頂いている
グルテンフリー キヌアクッキー プレーン
を製造販売している
だるま味噌(販売:株式会社ディー・プレーン)さんから
FBページにて当ブログをご紹介頂きました!

だるま味噌のFBページ


だるま味噌_6777



image



ご担当者様より
「バニラアイスに黒蜜とのコラボ、それだけでおいしそうです。」

 というコメントを頂きました!




ちなみに一瞬メール読んで閉じた後、
しばらく「よだれ出そうって言われた〜♪♪」と
勝手な脳内変換をして喜んでいました。
読み直したら、違うじゃん。


よだれ出そうってのが自分にとって一番の褒め言葉だったのかしら...
と思い返す夜でした。 


さて、これから本日注文の梱包します。



Instagram→@yugofu
Twitter→ @yugofu_m 

p8-hotline-a-20151022-870x643



まずは、この記事 を読んでみて頂けないでしょうか。



今日は別のことを書くつもりだったのだけど、
仕事の昼休みにこの記事を読んで
セリアックの人が何について困っていて、どこを改善して欲しいと思っているのか
断片的かもしれないけれど
知ることができて気持ちが引き締まったので記します。 



この筆者は東京が大好きだ、と伝えた上で
東京が食品アレルギーに対する配慮に欠けていると指摘しています。


celiac(セリアック=重度の小麦アレルギー)にとって
「小麦」以外にも大麦、ライ麦、麦芽がダメ。
また、水飴も小麦由来のものがある= sratch syrup ため、
「小麦」と表記されているだけでは足りないのだと。



漢字が不得手な人からしてみれば表示を読んだって
もう何が何だかわからない状況だと思います。
コンタミ(コンタミネーション。小麦製品と同工場で製造されたために微量の小麦が混ざってしまうことがある)の可能性表記も一体どれだけの人が読めていることか。
一口食べたら1〜2か月苦しむのに、食べて自分で人体実験だなんて
そう簡単にできない。


また、レストランに行って自分の状態を伝えても
店側が何がセリアックにとって悪いのか全く分かっていないため、
筆者は自分で原材料を全て見せてもらった結果、
何一つ自分にとって安全な食事がなかったとも書いています。

「brown sauce」の中身を気にしても、その中のどこにグルテンに関するものが
含まれているのか、調理場の人間もわからない。


私も和食店に連れられて行って、同席者が私が小麦アレルギー であると伝えたところ
何が大丈夫なのか全くわからないと言われたことがあります。
今の日本のシェフからしたら「粉をまぶすものはダメなんでしょ」
程度の認識。 



「和食があるんだから海外より日本の方が安心でしょ」


という認識があることも度々感じました
が、
それは絶対に違う。
小麦大国と言われる欧米諸国の方がアレルギー患者に対しての配慮があるし
そういう意味では日本の方が小麦大国だ。
私は和食なら大丈夫、という間違った認識がなくなることを目指して
活動を続けていきます。



この記事の中ではアメリカ滞在時の快適さについて
丁寧に、具体的なエピソードを交えて書かれています。
これを見習おう。
何が必要で、喜ばれるのか、
実際に取り組めることを実践できるように整えていきたい。



念願の!


外出先でも食べられるおやつを入荷致しました!!!



image




グルテンフリー キヌアクッキー プレーン

株式会社ディー・プレーン様より。



だるま味噌_1756


こちらも
玄米フェットチーネ 小林生麺

と同様に


FOODEX 美食女子 グランプリ


を受賞した製品です。
玄米フェットチーネが2015年受賞で、
キヌアクッキーが2016年受賞。


今注目のスーパーフード・キヌアをふんだんに使用した


まさに美食 

のクッキーです。



このブログを書きながらもう既につまんでいます。


しかしながら
この製品には大変な問題点があります。




それは、賞味期限が短い(製造より約2ヶ月)ため、
早いペースで売らねばならない。



そして、売り切れなかったら、
私が全部食べちゃう。
なんてったって美味しいし。




いくら太らないグルテンフリーといえど、
そんなに食べたら太る。



なので!
買ってください!!!!
るいご店長がバルーンにならないように!!!!!笑



冗談だけど売りたいという意味では本気です。


ボトルの他にも
同量70gでビニール袋入り、50gのビニール袋入りも展開しております。




また、この製品は 
現在メーカー直販と、某1社のみで販売されているため、
入手はあまり簡単ではない製品となっております。



メーカーではボトル型のみ、
某社ではビニール袋型のみですので
その両方が手に入るのはYUGOFUだけ!!!




image



30秒アレンジ〜バニラアイスを添えて、黒蜜を垂らしただけ!
超美味しくて、ぺろっと食べられちゃう。

 


YUGOFUを8月にオープンしてから、
毎日グルテンフリーをどうしたら広められるかを考え
思いもよらなかったところからのリアクションを頂いたり。


Facebookの自分のプロフィール欄に
YUGOFUをやっている旨を載せたら、
そこに反応した小学校の同級生が
メッセージ+フレンドリクエスト+注文
をくれました!!


もちろん卒業以来連絡をとっていなかったので
驚きとともに、
私がグルテンフリー生活のきっかけになるのであれば、と
嬉しく思っています。
image
 

本来注文製品はあまり公開しない予定なのですが、
あまりにも久しぶりの連絡だったので嬉しくて思わずパシャリ。


へへー :)
「頑張れよ」と各所から言われています。
今日は脱力して1日中寝ていましたが...
 

Amazing!!!!! A man wrote about me(YUGOFU) . I was very impressed... I have to write detail about products in English.

ーーーーーーーー

When I visited Little Bird yesterday I happened to meet Minako Katsumura who recently started an online shop for gluten-free products, YUGOFU.
The site offers gluten-free Somen and Udon noodles, rice flour, Spaghetti, Fettuccine, soy sauce, Okonomiyaki flour, beauty products, and more.
There are not that many products yet, but she is clearly very determined to make the site a success, so I expect more products to follow soon. She has a wheat allergy herself, so understands the problems.
The site is in Japanese, but when you click on a product you will find brief and simple English explanations at the bottom of most pages.
Minako understands English a little, so I am sure that she will try to answer any questions that you may have in English if your Japanese is insufficient.

ーーーーーーーーーー

Anyway, my landing homepage address is here http://yugofu.com
New products will come on this weekend!!

Facebookページにて投稿させて頂きました。 


慌てて自分のショップページを見直す。
だいぶぐちゃぐちゃな部分を見つけて大反省。
そもそも「配送は東京だけなの?」という質問をもらうショップページって何よ...



一刻も早く直さねば。 
眠い金曜夜。 

↑このページのトップヘ