グルテンフリー生活7年目・ふり子のおまけ

グルテンフリー生活7年目の薬剤師。 20歳の時にアナフィラキシーショックで倒れ、「茶のしずく」石けんによる運動誘発性小麦アレルギーと診断を受ける。 グルテンフリー生活をもっと取り入れやすくするために活動中。

http://cugofu.com/home
グルテンフリー製品をもっと手軽に手に入れられることを目指し、薬剤師をやりながらオンラインショップを立ち上げました。
MC力を磨くべく自主ラジオも更新中。
グルテンフリー製品を作りたい等ブレストにも積極参加致します。
お仕事依頼おまちしております!→ infoアットcugofu.com

2015年07月

平和は頑張って守るもの

ぼけていては平和は訪れない


怒りがエネルギーになることは私にとって、多々あって、それは怒ることの方が容易いからだという。

なるほどね。
その代わり、ずっと怒り続けているのは、疲れる。
嫌な記憶ほど忘れていく。


即戦力となるエネルギーを自分にひきいれたくば、嫌な記憶を思い出す。

そのためには、嫌なことこそ写真に残らないから、私が書かなければ。

録画してあった

6/27(土) 24:15〜
新世代が解く!ニッポンのジレンマ
「男女共同参画社会のジレンマ大研究」

をやっと観ました。 


11407200_708371509267229_7557427771274486789_n

 
 はあちゅうさんの宣伝で存在を知って、録画しただけだったのですが、予想以上に考えさせられました。
もう1度みて、じっくり感想をまた後日書きたいなぁと思っています。 


個人的には荒削りだけれども堀口美奈さんの勢いがとても好きになりました。
同い年ということもあって共感しやすかったのもあるかもしれませんが。
(女は共感できるかどうかが鍵だからね!)

三浦瑠麗さんの「こどもを中心とした社会にしていく」のくだりもとても良かったです。 
三浦さんのような話し方を目指そうと思いました。



最近「マンガで分かる心療内科」というマンガにはまっておりまして、その中で「被害者意識をもつとそこから動かなくなる」という文章がありました。
私は現在社会人1年目で、ひたすら全否定をされて、会社のことを何も信じられない状態です。
被害者意識をもっちゃダメとわかっていても、自分が自分を褒めてあげないと、とても立っていられない。
そんな今、この言葉に出会えて心から頷いていました。

相手に被害者意識をもたせてはいけない事に、もっと多くの人が気付いてくれたらいいのに。
いつか自分が発言権を持ち、その事を発信したいと考えていました。

が!

堀口さんはその被害者意識に関することを一言だけですが触れていました。
精神医学について知らなくても自力でそこにたどり着けたのだとしたら、それは本当に羨ましい。
嫉妬しました。
私も這い上がりたい。 

↑このページのトップヘ