全員が、コムアイを見ていた。

image
 


1年前の「未確認ツアー」で、空間の支配って、難しいことだったんだな


と気づかせてしまうような未熟さを持っていた水曜日のカンパネラ。



今回の In the BOX tour では、演出によりそう歌唱力と衣装、そしてコムアイ、といった立ち位置でした。



序盤からアンコールにかけて


赤ちゃん〜一人立ちし始めた女の子〜天女


くらいのころころ変わる姿を見せてくれたコムアイ。



そんな彼女に会場全員が目を離せない。


image


 感情が爆発しすぎて聞き辛かった歌も、演出を意識したからこそ、
「抑える演技」も含めて、すごく良くなっていました。


逆に、抑えた動きだからこそ、 全体の中で3回ほどあった感情の爆発シーンが
際立って、見ている方としては「コムアイをここまで持ってこれた!」感があって嬉しかったのではないでしょうか。 


image

まさかの衣装チェンジなし!
アンコールに羽織りものを変えただけ。


これだけでガラッと変わった印象を与えられるスタイリストさんも良い。


 


今回の衣装は、胸の下からおへその上あたりの少ない肌見せ。
白くて艶やかで、女ながらにドキドキしました。 



1年でこんなにも良くなるのならば、もう少し追いかけてみようかな、と
思わせてくれるライブでした。
また、どこかのライブハウスのチケット取りたいな。


ふふ。